ホーム神戸・私鉄の車両編成表、諸元表>阪急3000系編成表

阪急3000系

阪急3000系
宝塚線に残る最後の8連の1本、3066F。
宝塚線の3000系には、スカートが取り付けられている。


 阪急3000系は、神戸線が600Vから1500Vに昇圧となった際、2021系に代わる両電圧対応車として製造された形式です。2021系に比べて機器が単純化されました。3000系からは電動車2両がユニットを組むユニット方式を導入しています。登場当初は非冷房、方向幕無しで標識灯は運転台上方に尾灯と前照灯が一緒になっているものが設置されていていましたが、後に冷房改造や方向幕の設置が行われました。この際標識灯は運転台の下に、尾灯と前照灯が別になったものが設置され、6000系以降の形式とよく似た表情となりました。また、一部の編成には現在は2000系や2021系の付随車による増結が行われたり、宝塚線の車両にはスカートが設置されています。

 5000系や5100系、6000系などと共に運用されてきましたが、2006年10月のダイヤ改正より神戸本線の昼行の特急には充てられなくなり、さらに9000系の増備により短編成化の上支線に転用され、現在では宝塚線に数本残るのみとなりました。

阪急電鉄3000系編成表
4両編成
所属 3050
←Tc
3500
M
3550
T
3000
M'c→
○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●●
←塚口・石橋 伊丹・箕面→
神戸線 3052 3501 3651 3007
神戸線 3054 3502 3551 3003
宝塚線 3060 3505 3555 3011
宝塚線 3074 3519 3561 3025
神戸線 3077 3611 2076 3100
宝塚線 3080 3525 3557 3030
※3651は3100系3650形、3611は3100系3600形、2076は2000系2071形、3100は3100系3100形です。
所属 3050
←Tc
3500
M
2171
To→
3000
M'c→
○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●●
←塚口 伊丹→
神戸線 3081 3526 2176 3031
※2176号車は2000系2171形です。
6両編成
所属 3050
←Tc
3500
M
3000
M'o→
3050
←To
3500
M
3000
M'c→
○○ ○○ ●● ●● ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ●● ●●
←西宮北口・梅田 宝塚・三宮→
神戸線 3050 3500 3000 3051 3529 3001
神戸線 3056 3503 3006 3055 3517 3005
所属 3050
←Tc
3500
M
3000
M'c→
3050
←Tc
3500
M
3000
M'c→
○○ ○○ ●● ●● ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ●● ●●
←西宮北口・梅田 宝塚・三宮→
神戸線 3076 3521 3026 3151 3522 3027
神戸線 3078 3523 3028 3079 3524 3029
神戸線 3082 3527 3032 3083 3528 3033
※3151号車は3100系3150形です。
8両編成
所属 3050
←Tc
3500
M
3550
T
3000
M'o→
3050
←To
3500
M
3650
T
3000
M'c→
○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●●
←梅田 宝塚・三宮・新開地→
宝塚線 3062 3506 3556 3012 3063 3533 2175 3013
※2175号車は2000系2171形です。
所属 3050
←Tc
3500
M
3550
T
3000
M'c→
3050
←Tc
3500
M
3650
T
3000
M'c→
○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●●
←梅田 宝塚・三宮・新開地→
宝塚線 3066 3509 3559 3016 3067 3510 2093 3017
※2093号車は2000系2071形です。
所属 3050
←Tc
3500
M
2171
To→
3000
M'o→
3050
←To
3500
M
2071
←To
3000
M'c→
○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●● ○○ ○○ ●● ●●
←梅田 宝塚→
宝塚線 3064 3507 2190 3014 3065 3508 2090 3015
※2190号車は2000系2171形、2090号車は2000系2071形です。
凡  例
 白地赤文字 は編成中に組み込まれる3000系以外の車両を示しています。それぞれ下に説明を入れています。
車種横の矢印は、先頭車の向きを表しています。矢印の先が示す側に運転台(M'oとToでは運転台撤去跡)があります。
○全ての編成の三宮方の先頭車には、携帯電話電源OFF車両が設置されています。

inserted by FC2 system