ホーム神戸・私鉄の車両編成表、諸元表>阪神5500系編成表

阪神5500系


5505F、大石にて。

 阪神5500系は、阪神淡路大震災で被災した車両の置き換えのため、1995年以降に老朽車の置き換えの計画を前倒しして投入された、各駅停車専用車です。用途の関係で仕様は従来からのジェットカーを踏襲しつつも、塗装は以前に比べ淡い青と白の濃淡を上下逆に配し、その他新機構が各所に採り入れており、大手私鉄初のVVVFインバータ制御車となりました。この事から、「インバータージェット」やなどと呼ばれています。車体は8000系に近いものですが、前面は全く異なり、車体そのものも若干丸みが多くなっています。

 2010年度には、この5500系を基本とした5550系の増備が予定されています。

阪神電車5500系編成表
4両編成
5500
Mc
5600
Mp
5600
Mp
5500
Mc
●● ●● ●● ●● ●● ●● ●● ●●
←梅田・西九条 元町・高速神戸→
5501 5601 5602 5502
5503 5603 5604 5504
5505 5605 5606 5506
5507 5607 5608 5508
5509 5609 5610 5510
5511 5611 5612 5512
5513 5613 5614 5514
5515 5615 5616 5516
5517 5617 5618 5518



inserted by FC2 system