ホーム神戸・私鉄の車両編成表、諸元表>阪神7000番代編成表

阪神7000番台

7801・7901形、7861・7961形、7890・7990形


武庫川線で活躍する7861・7961形、武庫川にて。

 このページでは、阪神7801・7901形阪神7861・7961形阪神7890・7990形の、形式の頭文字が7となっている3形式の編成表を掲載しています。これらの車両は登場当初、4連と2連が別々に存在し、6連運用で他系列との併結が多かったため、7801、7861のように呼ばれていました。後に改造を受けて6両貫通編成となり、常に編成1つで1つの列車を構成するようになって、以降の阪神電車の系列も含めて2000、3000などと呼ばれるようになりました。

 2000系や3000系に改造されなかった車両は、4連組成で普通車とともに西大阪線(現:阪神なんば線、ただし西九条以西)の、また2連単独は武庫川線の運用を担ってきましたが、阪神なんば線における1000系や9000系による試運転が開始されてこちらが急行車の領分になってここからは引退し、現在は西大阪線のみで運用されています。また廃車も発生しています。

阪神電車7801・7901形編成表(全廃)
2両編成
7801
Mc1
7901
T1
●● ●● ○○ ○○
←西九条 尼崎→
7837 7937
4両編成
7801
Mc1
7901
T1
7901
T2
7801
Mc2
●● ●● ○○ ○○ ○○ ○○ ●● ●●
←西九条 尼崎→
7839 7939 7938 7838
阪神電車7861・7961形編成表
2両編成
7861
Mc1
7961
Tc1
●● ●● ○○ ○○
←西九条・武庫川 尼崎・団地前→
7861 7961
7863 7963
7961
Tc1
7861
Mc1
○○ ○○ ●● ●●
←西九条・武庫川 尼崎・団地前→
7964 7864
7966 7866
7968 7868
阪神電車7890・7990形編成表
2両編成
7990
Tc2
7890
Mc2
○○ ○○ ●● ●●
←武庫川 武庫川団地前→
7990 7890
凡  例(全形式共通)
 灰地白文字 は、廃車となった車両を示します。



inserted by FC2 system