ホーム神戸・私鉄の車両編成表、諸元表>神鉄3000系編成表

神鉄3000系

 神鉄3000系は、神戸電鉄初のアルミ合金製車体の冷房車です。製造時期によって細かい違いはありますが、外観としてはクーラーの数(3基または4基)と方向幕の形状に違いが見られます。また登場当初は窓周りの赤いラインが上下に分かれておらず、「ウルトラマン電車」と呼ばれていました。現在の塗装には「帰ってきたウルトラマン塗装」という俗称もあるようです。
 現在3000系は公園都市線を除く神戸電鉄の全線で1000系、5000系などの4両編成と共通で運用に就いています。

神戸電鉄3000系編成表
4両編成
先頭車のリンクをクリックすると、それぞれの方向から見た編成の写真をご覧になれます。
3000
Mc
3100
M
3100
M
3000
Mc
●● ●● ●● ●● ●● ●● ●● ●●
←新開地 有馬温泉・三田・粟生→
3002 3101 3102 3001
3004 3103 3104 3003
3006 3105 3106 3005
3008 3107 3108 3007
3010 3109 3110 3009
3012 3111 3112 3011
3014 3113 3114 3013
3016 3115 3116 3015
3018 3117 3118 3017
※全ての編成の新開地方の先頭車には、携帯電話電源OFF車両が設置されています。
また、新開地方3両目には女性専用車が設置されています。<設置時間:平日終日>

 

inserted by FC2 system